NIPT・羊水検査・絨毛検査・着床前診断の違いって何?

NIPT

妊活を始めるにつれ NIPT・羊水検査・絨毛検査・着床前診断という言葉をよく耳にすると思います。しかし、これらの違いをよく理解していない人が多いの現状です。

NIPT・羊水検査・絨毛検査の3つは「出生前診断」に分類される検査方法です。「出生前診断」と「着床前診断」を簡単に説明すると、「出生前診断」は“妊娠後”に胎児の状態を把握することで、「着床前診断」は“妊娠前”に受精卵の状態を確認することを指します。

「出生前診断」とは

出生前診断とは生まれてくる赤ちゃんが先天的な病気や異常をもっているかを調べる検査のことです。
検査により赤ちゃんの状態を知ることで、妊婦さんや赤ちゃんの体を守り、それぞれの状況にあった準備をしていくために行われるものです。

出生前診断は、「非確定的検査」と「確定的検査」の2 種類に分けられます。

「非確定的検査」

非確定的検査とは赤ちゃんの疾患の可能性を評価するために行う検査です。母体への負担が少なく、流産のリスクはありません。

NIPT はこの非確定的検査に当たります。

 

NIPT とは

新型出生前診断 (NIPT) とは胎児に傷を与えず、母体から血液を採取するだけで、ダウン症などの主な染色体疾患を高い確率で発見することができる検査です。

なお、NIPT には流産・死産のリスクはありません。

新型出生前診断(NIPT)とは? ダウン症や高齢出産の不安をなくす
この記事ではダウン症や高齢出産の不安をなくすNIPT とは何か、NIPT で性別がわかるのか、検査費用はいくらなのか、などを紹介しています。高齢出産には、夫婦ともに経済的、精神的に安定している等というメリットがある一方で、ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなるというデメリットもあります。

 

「確定的検査」

確定的検査とは赤ちゃんの疾患の診断を確定させるために行う検査です。母体への負担が大きく、流産のリスクがあります。

羊水検査と絨毛検査はこの確定的検査に当たります。

 

羊水検査とは

羊水検査とは、お腹に針を刺して羊水を採取し、その中の赤ちゃん由来の細胞を培養し、染色体の形と数を確認する検査です。検査精度が非常に高く、ダウン症に関しては精度100%を誇ります。

また、羊水検査は染色体疾患全般を対象としているので、NIPT では検出できない染色体疾患も検出することができます。

 

絨毛検査とは

絨毛検査とは絨毛細胞を採取し、その細胞を培養し、染色体の形と数を確認する検査です。検査精度が非常に高く、ダウン症に関しては精度100%を誇ります。

また、絨毛検査は羊水検査と同様に染色体疾患全般を対象としているので、NIPT では検出できない染色体疾患も検出することができます。

なお、絨毛検査を扱う医療機関は少ないため、お住まいの地域では実施できない場合があります。

 

羊水検査と絨毛検査のリスク

羊水検査と絨毛検査は、お腹に針を刺すことから、破水、出血、子宮内感染、早産、母体障害などが生じる可能性があります。

羊水検査で1/300、絨毛検査で1/100の確率で、流産・死産のリスクが存在するといわれています。

 

「着床前診断」とは

着床前診断とは、体外で受精させた胚の染色体や遺伝子の検査をおこない、病気をもたない可能性の高い胚だけを、子宮に戻して育てます。しかし、高度な技術が必要な研究段階の検査方法であり、一般的ではありません。

「着床前診断」でできること

・特定の病気にかかっていない子どもを生む

・出生前診断の結果等によって妊 娠の継続を断念すること (希望した場合のみ)を避ける

このようにNIPT・羊水検査・絨毛検査・着床前診断にはそれぞれ異なった特徴があるので、自分にあった検査を受けることが大切です。
どの検査が自分に適しているかわからない時は産婦人科の先生に相談してみるのも良いかもしれません。

NIPT
wankoをフォローする
はじめまして。私は2007年に医学部を卒業し現在、産婦人科全般と周産期医学を専門として大学病院に勤務しています。2018年に高齢出産で苦労した経験があるので、高齢出産を考えている人の力になれればいいなと思い、この「高齢出産のたより」を始めました。
高齢出産のたより

コメント

タイトルとURLをコピーしました