35歳未満でもNIPTを受けられる無認可施設のデメリットとは?

NIPT

妊婦の血液を調べることで、胎児にダウン症などがあるかどうかを調べられる検査、新型出生前診断(NIPT)。日本では2013年から解禁され、受ける妊婦は増加傾向にあります

NIPTを受けられる施設には日本医学会と日本産科婦人科学会の指針により認定を受けて実施している「認定施設」とそうした認定なしの「無認可施設」の2種類があります。

認定施設でNIPT を受けるには出産時35歳以上であることが条件の一つになっています。一方、無認可施設ではNIPT を受けるのに年齢制限がないので35歳未満の方も検査を受けられます

認定施設と無認可施設にはそれぞれのメリットがあります。2つの施設の違いを詳しくみてみましょう。

無認可施設とは

無認可と聞くと違法だとか危険といった良くないイメージを持つ方も多いと思います。しかし、ほとんど無認可施設の医師は国内学会、日本産科婦人科学会、国際学会、国際出生前診断学会のどれかに所属していて、採血をしたら、日本より実績の多いアメリカやイギリスの検査会社に送るのがほとんどなので無認可だから危険というものではありません

実際に近年、無認可施設の需要は高まり、年々無認可施設の数は増えています。また、NIPT は簡単に行えることもあって、精神科や美容外科にまで拡大しています。

無認可施設で受けるメリット

年齢制限がない

認定施設でNIPT を受けるには出産時35歳以上であることが条件の一つになっています。一方、無認可施設ではNIPT を受けるのに年齢制限がないので35歳未満の方も検査を受けられます。

検査費用が安い

NIPT の検査費用は認定施設だと約19〜21万円ですが無認可施設の場合、約17〜19万円と無認可施設の方が低価格のケースが多いです。

なお、低価格だからといって検査の精度が低いということはありません。無認可施設では採血をしたら日本より実績の多いアメリカやイギリスの検査会社に送って検査をするので、認定施設と同等以上の精度の検査が受けられます。

 認定施設無認可施設
検査精度

ダウン症候群 について(シーケノム社データ)

・感度99.10%(患者1万人中9910人を陽性と診断することを意味する。)

ダウン症候群について(ホームページから)

・感度99.14%(患者1万人中9914人を陽性と診断することを意味する。)

認定施設よりも多くの疾患を検査できる

認定施設で調べることができる疾患は以下の3つです。

  • ダウン症候群(21トリソミー)
  • エドワーズ症候群(18トリソミー)
  • パトー症候群(13トリソミー)

一方、無認可施設ではこの3つの疾患に加え、性染色体異常、全染色体異常、微小欠失を調べることができます

手軽に短時間で採血できる

認定施設では夫婦そろっての受診が義務付けられているのですが、無認可施設では妊婦さん一人での受診が可能です。そのため検査のために旦那さんが会社を休まないといけない、というような対応を取らずに済みます。

また、認定施設の場合、採血をするのに2~3回の外来受診が必要な施設が多いのに対して、無認可施設では最短で翌日の採血が可能です

検査結果が郵送で送られてくる

ほとんどの無認可施設ではNIPT の検査結果は郵送で送られてくるので、地方にお住まいの方でNIPT を受けられる病院に来院するのが難しいという方でも安心して受けられます。

赤ちゃんの性別がわかる

無認可施設では性別判定もできるので希望があれば赤ちゃんの性別を教えてくれます。

 

無認可施設で受けるデメリット

羊水検査費用が別の場合がある

通常、NIPTの検査結果が陽性だった場合 、より厳密に調べるために羊水検査を受ける必要があります。
認定施設の場合、この羊水検査を追加料金なしで受けられるのですが、一部の無認可施設では追加料金が必要になります。

 

遺伝カウンセリングがない場合がある

遺伝カウンセリングとは、NIPT を正しく理解するために臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーから正確な情報を説明してもらったり、親身に相談に乗ってもらったりすることです。

認定施設ではNIPT を受ける前に遺伝カウンセリングを受けることを原則としていますが、無認可施設ではそのような原則はないので、遺伝カウンセリングを提供していない場合があります。

また、臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーがいない施設では産科的な対応ができないこともあるので、無認可施設で検査を受ける場合は、臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーがいる施設を選びましょう

オススメの無認可施設は?

現在50軒以上ある無認可施設の中から、羊水検査の費用が必要なく、臨床遺伝専門医や認定遺伝カウンセラーがいる施設を探すのは大変ですよね。

そんな方にオススメしたいのが、平石クリニックです。

平石クリニックでは、NIPT の検査結果が陽性だった場合、羊水検査の費用を全額負担してもらえますし、認定遺伝カウンセラーが在籍しているので検査前の不安な気持ちの解消や万が一陽性結果がでたときも無料で相談することができます

また、平石クリニックは日本全国の38医院と提携しているため、検査のために遠方からお越しいただかなくても、お近くのクリニックで検査を受けることができます。

平石クリニックのNIPTの詳細・口コミはこちら

NIPT
wankoをフォローする
はじめまして。私は2007年に医学部を卒業し現在、産婦人科全般と周産期医学を専門として大学病院に勤務しています。2018年に高齢出産で苦労した経験があるので、高齢出産を考えている人の力になれればいいなと思い、この「高齢出産のたより」を始めました。
高齢出産のたより

コメント

タイトルとURLをコピーしました