NIPT

NIPT

【8割越え!?】新型出生前診断 (NIPT)の中絶率とは?

検査の手軽さと安全性から年々NIPT を受ける妊婦さんが増えていますが、万が一陽性結果がでた場合、何割くらいの人が中絶を選択するのでしょうか。新型出生前診断 (NIPT) とは胎児に傷を与えず、母体から血液を採取するだけで、ダウン症候群、エドワーズ症候群、パトー症候群といった主な染色体疾患を高い確率で発見することができる検査です。
NIPT

35歳未満でもNIPTを受けられる無認可施設のデメリットとは?

NIPT の無認可施設は35歳未満、20代の人も受けれて安いのですがデメリットもあります。無認可と聞くと違法だとか危険といった良くないイメージを持つ方も多いと思います。しかし、ほとんど無認可施設は採血をしたら、日本より実績の多いアメリカやイギリスの検査会社に送るのがほとんどなので無認可だから危険というものではありません。
NIPT

NIPT・羊水検査・絨毛検査・着床前診断の違いって何?

妊活を始めるにつれ NIPT・羊水検査・絨毛検査・着床前診断という言葉をよく耳にすると思います。しかし、これらの違いをよく理解していない人が多いの現状です。 NIPT・羊水検査・絨毛検査の3つは「出生前診断」に分類される検査方法です。「出...
NIPT

新型出生前診断(NIPT)とは? ダウン症や高齢出産の不安をなくす

この記事ではダウン症や高齢出産の不安をなくすNIPT とは何か、NIPT で性別がわかるのか、検査費用はいくらなのか、などを紹介しています。高齢出産には、夫婦ともに経済的、精神的に安定している等というメリットがある一方で、ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなるというデメリットもあります。
タイトルとURLをコピーしました